専業主婦がキャッシングする際の注意点まとめ

当サイトは専業主婦がキャッシングするにあたって、家族(夫)に内緒で借りる方法を紹介しています。
自宅に電話はあるのか?在籍確認は?どの申し込み方法がバレない?無職でも借りれるのか?など専業主婦に特化したカードローンのサイトです。

 

カードローンカードローン(キャッシング)を申し込む方は多いですね。これは他のローンにはない様々な利点があるからです。これからカードローンでの借入をしようと考えている方のためにどんなメリットがあるのか、利用の際にはどんなことを注意したらいいのかをご説明したいと思います。

 

カードローンは審査が簡単

案内

まず、カードローンは他のローンに比べて審査が簡素化されています。ですから提出書類も少なくて済みます。カードローンの審査は仮審査と本審査がありますが、仮審査はコンピューターによる自動審査なので、自動審査可能な時間帯に申し込みフォームに入力して送信すれば、あっという間に仮審査の結果がわかります。

 

仮審査に通ると在籍確認があり本人確認書類、限度額によっては収入証明書を送付すれば契約ができます。無担保ですし、保証人も要りません。このように審査が簡素化されているので、即日融資も可能になっているわけです。

 

カードローンはアルバイトでも申し込める

住宅ローンや他のローンはアルバイトでは申し込みができませんが、カードローンはパートやアルバイト、専業主婦、年金収入のみの人、学生でも申し込める場合があります。

 

安定した収入があれば雇用形態にかかわりなく申し込みができます。普通は年収がいくら以上といった条件もありません。

 

専業主婦も配偶者に安定した収入があればお金を借りることができます。銀行カードローンなら専業主婦も本人確認書類だけで借りれるというメリットもあります。

 

カードローンは何回でも借りれる

カードローン以外のローンは、お金を借りるたびに申し込みをして審査を受けなければなりません。それに対してカードローンは一度契約すれば、限度額の範囲内で何回でも借りることができます。

 

しかも、ネットで振込みでの融資に依頼をして即日、指定の口座に振り込んでもらうこともできます。また、全国どこにでもあるコンビニもATMで24時間いつでもお金を引き出すことができます。ですから急ぎの時でもすぐにお金を工面できるというメリットがあります。

 

カードローンを利用するときの注意点

このようにメリットが多いカードローンですが、それだけに利用の際には注意も必要です。簡単に利用できるので知らぬ間に借り入れが膨らんで、返済ができなくなってしまうということがあります。

 

カードローンの金利は他のローンに比べて金利が高いので、計画的に利用しないと返済に追われてストレスが増すことになります。また、消費者金融のカードローンを利用する際には借り入れ先にも注意する必要が借ります。

 

消費者金融の中にはヤミ金もあるからです。ヤミ金は多重債務者や年金生活の高齢者、夫に内緒で借りたいと思っている専業主婦、数万円だけ借りたいと思っている学生などをターゲットにします。ヤミ金にとっては小口融資の方か都合がいいのでこういった人は狙われやすいです。

 

カードローンは非常に便利ですが、リスクもありますので安易に利用せず、本当に必要なお金なのかよく考えてから申し込みをしてくださいね。

専業主婦の私がキャッシングしたきっかけ

このブログサイトの管理人をしているY子です。このブログでは私が体験したキャッシングにまつわる体験談を紹介していきたいと思います。まずは簡単に自己紹介させて頂きますね。

 

・名前*Y・M
・年齢*36歳
・職業*主婦(パート)
・家族構成*旦那・子ども3人(2歳・4歳・8歳)

 

 

財布と女性

私が初めてキャッシングしたのは新婚ホヤホヤの頃。結婚してから2年は2人だけの時間を満喫しようということで子どもを作りませんでした。その分、年に8回ほど旅行に行ったりしていました。2人共、大の旅行好きで国内だけでなく海外にもたくさん行ってました。

 

 

その頃はお互い働いていたのでお金に困ったことはなかったんですが、旅行でパリに行った時に買い物しすぎてお金が足りなくなりキャッシングしたのが始まりです。 とにかくパリは物価が高く、お土産だけでもかなりの出費でした。

 

 

気がつけば自分に使えるお金が残りわずかとなっていたので旦那に内緒でこっそり借りてみました。 まさか海外旅行中に借りれるとは思ってもいなかったのですが、なんと翌日には自分の口座に振込みされていて衝撃的でした。

 

 

それからというもの、今でも頻繁にキャッシングを利用してます。一度借りてしまうと特に借金してる感覚がなくなってしまいます。計画的に利用しないと痛い目みそうなのでそこは要注意ですね。 このブログで更にリアルな私のキャッシング事情をご紹介していきたいと思います。

専業主婦の私がお金を借りた方法

私は専業主婦で小学校5年生の娘がいます。私は自他ともに認める「教育ママ」で主人は子供の教育にはあまり関心がありません。

 

子供の教育について話をすると意見が合わずいらいらするので、主人には内緒で教材を買ったりすることもあります。ただ、私は専業主婦で収入がないので、家計費をうまく節約して教育費を捻出しなければなりません。でも教材って結構高いので時にはまとまったお金が必要になることがあります。

 

先日もぜひ子供の買ってあげたいと思う教材があったのですが、高かったので、いろいろ考えた末にカードローンでお金を借りることにしました。

 

私が選んだのは銀行カードローンで月々の返済が3000円からでいいというところです。他にもっと条件のいいカードローンがあったのですが、新たに銀行口座を開設しないといけなくてそうするとお金を借りるまでに時間がかかってしまうので、自分の口座がある銀行のカードローンに申し込むことにしました。

 

他の銀行のカードローンと比べてすごく金利が低いというわけではないのですが、前から利用している銀行なので郵便物が届いてもおかしくないし、主人にもばれずに契約ができるだろうということでそこにしました。

 

申し込みはネットでしましたが、申し込みをすると電話がかかってきて、私自身のことや主人の勤務状況などを聞かれました。仮審査に通ったので本人確認書類を送ると翌日電話がかかってきて限度額30万円まで借りれるということで、無事必要なお金を借りることができました。

 

月々の支払いが少ないので楽に返済していけると思います。ただ、最低金額だけ支払っているとなかなか返済が終わらないと聞いたので、余裕がある月は頑張って少し多めに払っていこうと思います。銀行カードローンは専業主婦にとっては本当にありがたいカードローンだと思います。

 

金利も消費者金融より低いし、何より、配偶者の収入証明書などが要らず、自分の免許証やパスポートだけ契約ができるからです。お金を借りたいと思っている専業主婦の方なら銀行カードローンがおススメですよ。