夫に内緒でカードローンに申し込む!

主婦の中には夫に内緒の借金があるという方も少なくないようですね。夫に内緒にしているのは結婚前からのカードローンの借入の場合もありますし、結婚後の借り入れである場合もあります。結婚後に借り入れる場合でも、自分が仕事をしていて収入があれば、返済も自分でしますし、無職ではないので、審査に通るのも難しくないかもしれません。ただ、主婦の中でも無職の専業主婦の場合は、消費者金融のカードローンで新たな借り入れをするとなるとちょっと面倒です。

無職の専業主婦が消費者金融のカードローンで借りる場合

カードローンの契約には本人確認書類の提出が必要ですが、専業主婦が消費者金融のカードローンで借り入れをする場合にはそのほかの書類も必要になります。配偶者の同意書と婚姻関係を証明できる住民票か戸籍抄本です。また、場合によっては配偶者の収入証明書の提出が必要になることもあります。ですから、無職の専業主婦は消費者金融のカードローンでは夫に内緒で借り入れができません。専業主婦が借りるなら銀行のカードローンがおススメです。

夫に内緒で借りれる銀行のカードローン

銀行カードローンは、本人確認書類だけで契約ができるので、専業主婦も夫に内緒で借りれます。銀行カードローンは消費者金融に比べると金利も低いですし、何と言っても銀行なので、騙されるのではないかという心配なく借りることができます。消費者金融だと、ヤミ金もあるのでちょっと心配です。また、無職の専業主婦が銀行カードローンに申し込んでも、配偶者の勤務先に在籍確認の電話が入ることはありません。ただ、銀行によっては、「配偶者の勤務先に在籍確認の電話が入るので、前もってご主人の同意を得てください」としているところもあります。夫に内緒にしたいと思っている方は申し込み前に念のため確認してくださいね。銀行カードローンは返済も月々2000円とか3000円でいいので、夫に内緒で申し込んでいても家計をやりくりすれば、無理なく返済していくことができます。