銀行カードローンは専業主婦向き?

カードローンに申し込めるのは、本人に安定した収入がある場合なので無職の人は申し込みができません。ただ、自分は無職でも何らかの形で収入がある場合には申し込みができます。たとえば、無職でも年金受給をしているとか、無職だけど配偶者に安定した収入がある専業主婦の場合などです。ここでは、専業主婦が借りやすい銀行カードローンについてご紹介します。

専業主婦でも夫に内緒で借りれる

銀行カードローンは、本人確認書類だけで契約ができるので、専業主婦が夫に内緒でカードローンで融資を受けることも可能です。配偶者の勤務先に在籍確認が行われることは一般にはありませんが、中には配偶者の勤務先へ在籍確認をするのであらかじめ配偶者の同意を得ておいてくださいと、ホームページ上で告知している銀行もあります。また、無職の専業主婦は自分の勤務先はないので在籍確認はりませんが、本人確認の電話が自宅にかかってきます。もし、夫に内緒で申し込みをして自宅に電話がかかってくるのが困る場合は、自分の携帯番号を連絡先として申告することもできます。ちなみに、専業主婦が消費者金融のカードローンを利用する場合は、配偶者の同意書が必要になるので夫に内緒では借りれません。

銀行カードローンは低金利で借りれる

専業主婦が夫に内緒で借りている場合、家計をやりくりして返済していかないといけませんが、銀行カードローンは消費者金融に比べると金利が低いので返済負担を軽減できます。また、月々の返済も2000円〜3000円でいいので、無理なく返済ができます。ただ、最低金額だけ返済していると、なかなか完済できないので、余裕があるときには多めに返済することをお勧めします。

銀行カードローンは安心して借りれる

消費者金融のカードローンの中にも専業主婦でも借りれるカードローンがありますが、中小規模の消費者金融だと、あまりよく知らないので借りるにしても不安がありますね。専業主婦を狙ったソフト闇金もありますので、カードローンになれていない専業主婦は、簡単に騙されてしまいます。それに対して銀行カードローンなら騙されるのではないかと不安に思う必要はありません。安心して借りれるというのは最大のメリットと言えるかもしれませんね。