消費者金融の審査基準について

『私は消費者金融でお金を借りたいと思っています。専業主婦で仕事をしていません。審査に通るのは難しいですか?消費者金融の審査基準について教えてください』

専業主婦の方ですね。専業主婦だから審査に通りにくいということはありませんよ。ただ、専業主婦が消費者金融から借りるとなると少し面倒です。そのことは後程お話しするとしてまず、消費者金融の審査基準についてご説明しますね。

 

審査のポイント
消費者金融でも銀行カードローンでも審査のポイントはほぼ同じです。年齢、職業、勤務先、勤務形態、勤続年数、住居(持ち家か賃貸か)、居住年数、今までのクレジットカードやカードローンの利用状況などです。

 

専業主婦がカードローンを利用する場合は、仕事をしていないので配偶者に安定した収入があればOKです。住居は住宅ローンのない持家に長年住んでいれば審査には最も有利になります。

 

賃貸でも居住年数が長ければ家賃もしっかり払って生活も安定しているということで評価はよくなります。今までのクレジットやカードローンの利用状況ですが、専業主婦がカードロ―ンに申し込んだ場合でも本人の信用情報しか調べられませんのでたとえば配偶者が自己破産したことがあっても、申し込んだ専業主婦の審査には影響しません。

 

ただ、本人に延滞があるとか債務整理があるとなると審査には通りません。延滞や債務整理の記録は5年ほど消えませんのでその間は申し込まない方が無難です。

 

専業主婦が消費者金融のカードローンに申し込む場合に必要な書類

ペン

このように専業主婦でも属性が良好で配偶者の収入も安定していれば消費者金融からお金を借りることは可能ですが、専業主婦が消費者金融に申し込む場合は本人確認書類のほかに配偶者の同意書と婚姻関係を証明できる住民票か戸籍抄本の提出が必要になります。

 

つまり、消費者金融はご主人に内緒では申し込めないということです。ですから申し込む目に必ずご主人に相談してくださいね。もし、ご主人には内緒で申し込みをしたいのであれば、銀行カードローンがいいでしょう。三菱東京UFJ銀行やみずほ銀行、じぶん銀行では専業主婦でも借りれるカードローンを販売しています。

 

契約に必要なのは本人確認書類だけなのでご主人にも内緒でお金を借りることができます。また、大手消費者金融では専業主婦むけのカードローンはないため専業主婦が借りるとなると中堅以下の消費者金融ということになります。小規模の消費者金融の中にはヤミ金もあるので注意が必要です。それで、できれば安心して借りれる銀行カードローンがいいと思います。