主婦必見!総量規制対象外のカードローンについて

『カードローンでお金を借りようと思いますが、「総量規制対象外」のカードローンってなんですか?「総量規制対象外」のカードローンで借りるメリットは何ですか?』

カードローンのことを調べていると「総量規制対象外」という言葉を時々目にしますね。では、まず総量規制というのはどんな規制なのかをご説明しますね。

 

総量規制とは
総量規制というのは、貸金業法で定められているルールで、貸金業はローン申し込み者の年収の3分の1までの金額しか貸してはいけないというものです。

 

ですから、年収300万円の人は貸金業者からは100万円までしか借りれないことになります。貸金業者というのは消費者金融やクレジットカード会社等のことで、銀行や信用金庫等の金融機関は貸金業者ではありません。ただ、総量規制には例外があります。

 

例外とされるのは「顧客に一方的有利となる借換え」「緊急の医療費の貸付け」「配偶者と併せた年収の3分の1以下の貸付け」「個人事業者に対する貸付け」などです。

 

ですから、消費者金融の「貸金業法に基づいたおまとめローン」を利用する場合は年収の3分の1を超える額でも借りることができます。また、無職の専業主婦が借りる場合も配偶者の年収の3分の1までの金額なら借り入れが可能です。

 

「総量規制対象外」のカードローンは提出書類が少なく手続きが簡単!

 

辞書

このように総量規制には借りれる金額に制限があるのですが、「総量規制対象外」のカードローンなら年収の3分の1を超える額でも借り入れが可能というメリットがあります。また、「総量規制対象外」のカードローンなら、提出書類が少なくて済みます。

 

というのは、貸金業者が貸し付けをする場合は、自社の貸付残高が50万円を超える貸付けを行う場合、あるいは他の貸金業者を含めた総貸付額が100万円を超える貸付けを行う場合には、収入を明らかにする書類の提出を求めなければならないことになっているからです。

 

「総量規制対象外」のカードローンにはこのような決まりはないので、限度額が200万円あるいは300万円を超えなければ収入証明書の提出は必要ないというところが多いです。また、専業主婦が借りる場合も、「総量規制対象外」のカードローンなら、本人確認書類だけで申し込みができます。

 

一方、貸金業者から専業主婦が借り入れをする場合は、本人確認書類のほかに、配偶者の同意書と婚姻関係を証明できる住民票か戸籍抄本の提出が求められます。

 

「総量規制対象外」のカードローンは金利が低い
そのほかに「総量規制対象外」のカードローンで借りるメリットは金利が低いという点です。貸金業者の金利は4.5%〜18.0%程度ですが、「総量規制対象外」の銀行カードローンは4.6%〜14.6%程度、あるいはもっと低い金利のところもあります。

 

金利が低いので専業主婦の方も返済負担を減らすことができます。また、返済額も毎月2,000円〜3,000円でいいので、専業主婦の方も家計をやりくりすれば無理なく返済ができます。

 

このように「総量規制対象外」のカードローンにはメリットがたくさんあります。返済負担が軽減できることなどを考えると、借り入れを検討だれる価値があると思います。