カードローンの在籍確認が不安ですか?

カードローンに申し込みたいけれど在籍確認が不安という方は少なくないようです。
在籍確認はカードローンに申し込んだ人が本当に申告した勤務先で働いているかを確認するためのものです。この在籍確認があるので、当然無職で全くどこからの収入がない人は、カードローンに申し込むことはできません。さて、在籍確認が不安というのは、消費者金融から勤務先に電話がかかってきて同僚や上司が電話に出たら、よほどお金に困っていると思われてかなり気まずくなると考えるからでしょう。ただ、在籍確認はプライバシーを十分尊重して行われるので、それほど心配する必要はありません。

 

在籍確認はどのように行われるか

在籍確認は普通は非通知で個人名でかけてきます。ですから、同僚が電話に出たとしても消費者金融からの在籍確認だとは分かりません。ただ、非通知の電話を受け付けないようになっている職場では、電話番号を通知して電話をかけますが、社名は出さないので心配いりません。銀行カードローンの場合は、社名を聞かれた場合に銀行の名前を出しますが、銀鉱なら名前を出されてもそれほど支障はないと思います。また、在籍確認の電話がかかってきたときに自分が不在でも、同僚が「今、席をはずしています」「今日は休みです」などと言ってくれればそれで在籍確認が取れたことになります。改めで電話がかかってくることはありません。また、自分が電話に出た場合も、長々といろいろ聞かれることはなく、本人であることが確認できればそれで在籍確認は終わります。

 

無職の専業主婦がカードローンに申し込んだ場合の本人確認

銀行カードローンの中には無職の専業主婦も申し込めるカードローンがあります。本人確認書類だけで契約ができるので夫に内緒で申し込むこともできます。ただ、本人確認の電話が自宅にかかってくるので、専業主婦の方で、夫に内緒にしていて自宅に電話がかかってくるのは都合が悪いという場合は、自分の携帯電話の番号を連絡先として申告しておくことができます。最近は、固定電話を置かない世帯も多いので、連絡先が携帯電話であっても審査には大きく不利になるということはないようです。ちなみに、本人確認の電話を自宅にかける場合でも、社名出さず、個人名でかけます。また、銀行カードローンに無職の専業主婦が申し込んだ場合、配偶者の勤務先に在籍確認の電話が入ることは、普通はありません。ただ、銀行によっては配偶者の勤務先に在籍確認をする旨、ホームページ上で告知しているところもあるので、夫に内緒で申し込もうと思っている専業主婦の方はあらかじめ確認してください。

 

申し込み前に在籍確認について相談しましょう

在籍確認はそれほど心配する必要がありませんが、どうしても不安という方は、消費者金融のフリーダイヤルの電話をかけてあらかじめ相談してください。消費者金融によっては、電話による在籍確認に替えて、書類提出による在籍確認を行ってくれるところもあります。また、電話をしてもらう時間帯や、男性スタッフにお願いしたいとか、名乗ってほしい会社名なども相談できるところもありますよ。